DESIGN デザイン

散りばめられたこだわり
都会的な上質感と遊び心が艶やかな表情
確かな存在感を放つランドマーク

凛として佇むランドマーク

外観|ザ・パークハウス西麻布レジデンス
『ザ・パークハウス西麻布レジデンス』は、≪ 広尾・麻布・青山・六本木 ≫の街が四方に広がっています。それらの街の、重厚感や、優美さ、艶やかさ、スタイリッシュさなどのイメージを元に、東西南北それぞれに異なる、多面的なファサードが特長的です。外苑西通り沿いの風景や、公園のこずえ越しに見上げたシーンに、凛として佇む美しい外観は、確かな存在感を主張するランドマークとして、この地にふさわしい景観を描き出しています。

メインエントランス

外観|ザ・パークハウス西麻布レジデンス
通りから奥まった、風合い豊かなメインエントランスには、3種の黒色天然石が採用されています。天然石の1つである六方石は、石の内部は落ち着いた黒褐色ながら、表面は長い年月をかけて鉱物が酸化し、金色に似た味わい深い色になるなど、豊かな表現力ある素材が、入口に使用されているスチール素材の人工的な無機質さと相まることで、都会的な上質感と遊び心、艶やかな表情が演出されています。

外壁

外壁|ザ・パークハウス西麻布レジデンス
外壁には、研ぎ出しプレキャストコンクリート板(以下PC板)が採用されています。コンクリートの表面を約3mmほど手作業で研磨することで、様々な種類の骨材が表面にあらわれるこの手法により、散りばめられた自然石が美しさとともに深みのある表情を生み出すなど、テクスチャーの細部までつくり込まれています。また、大きな面のPC板に対し、目地がランダムにデザインされているため、遠景においても存在感のある佇まいとなっています。

ガラスウォール

外観|ザ・パークハウス西麻布レジデンス
ガラスウォールはプレキャストコンクリート板と対比し、質感の異なるマテリアルにより美しいコントラストが演出されています。また、Low-Eガラスが採用されているため、断熱性・遮熱性も向上しており、意匠だけではなく機能性も兼ね備えられています。

住まいの質を高める設計

南側住戸概念図|ザ・パークハウス西麻布レジデンス
南西側は、意図的にバルコニーを堀田坂方向に向けることで、開放感や採光を得やすいよう配慮されています。また北側の住戸の多くも、六本木ヒルズや東京タワーのある東方向に開口面が向けられているなど、全ての方向にこだわりをもった設計により、居住空間の快適性が高められています。
※掲載している画像、素材(テキストを含む)などの情報は、分譲当時、竣工時、または当サイト制作時に作成、撮影したものであり、実際とは異なる場合がございます。
※掲載している画像、素材などの情報の一部には、イメージが含まれており、実際とは異なる場合がございます。